災害時にも活躍する自動販売機

先の震災で帰宅困難者や建物に閉じ込められた方が多くいると聞く。

そんな時にも使える自動販売機があるという。

道沿いに会社内に学校に、必ず一つと言っても過言ではないほど設置してある身近な存在、それが災害時にも使えるとは何とも心強い。

勿論通常の自動販売機は、停電してしまっては自家発電がない限り使えない。

使うのは、その横に添うように設置された防災用品だ。

自動販売機に付いているなら、誰の目にも触れる為、いざという時に使う防災用品がどこにあるかという事を周知徹底できているも同然だ。

これらがあることを知っているか知らないかでは、精神的に大きく違う。

いつ助けが分からない心細さも、手元が心もとないか準備が出来ているかで幾分か違うものである。

因みに停電時でも操作することによって非常用電源に切り替わり、数十時間は稼働して飲料を提供するタイプの自動販売機もあるそうだ。

災害にも強化されていく、どこまでも進化していける強い存在である。